やっぱりイギリスが好きな女

大学院留学/国際恋愛/イギリス/ロンドン/ミニマリズム

イギリス大学院の卒業式

1月末に行われた大学院の卒業式のためはるばるイギリスに行ってきました!

その様子を紹介します。

 

 

卒業式に参加するか問題

そもそも卒業式に参加するのかは大きな問題でした。
特に参加しなくても自宅に証明書は送られてくるので何も問題はないです。

これに関しては色々な意見の人がいてクラスメイトや友人ともよく話しました。

【参加する派の意見】

・観光とかと違いめったにない機会

・ガウンきてハットを投げてみたい~

 

【参加しない派の意見】

・ただガウン着るだけ

・退屈

 

まあ私は両方ともに賛成でしたが、卒業式に行ったり、友人に会ったり、彼氏に会ったりなど他にも目的があったので行くことにしました。

それにもう大学で勉強して卒業するということが今後ないような気がしたので行くことにしました。

 

準備

卒業式に参加するためにはチケットの予約とガウンやハット、写真のオーダーが必要です。

卒業生のチケットは無料ですが、家族や友達の席の分はいくらかかかります。

ガウンとハットは借りるか買うか。
私は借りたのですがそれでも5千円以上はしたから、ただの黒い布なのになあ・・・と思ってしまいました。
ガウンとハットは自分で採寸して合うサイズのものをオーダーします。
ガウンのサイズは2種類。(普通orビッグサイズ)
私は背が低いのでガウンが大きすぎるのではないかと不安でしたが
意外と普通の感じで着れました。
ハットは頭のサイズに合わせて色々なサイズがありました。
オーダーの際にサイズを入力したのですが、結局当日着付け(?)の時にサイズが合ってなかったようで、担当のおばさんが色々なサイズのハットを合わせてくれて一番ぴったりサイズのハットを借りられました。

写真はスタンダードコースで£40。
それにEU外だと送料が£20で、高くて本当に必要なのか?と思ってしまったので
事前にオーダーするのはやめておきました。
当日もその時にやっぱり写真撮りたいと思ったらその場でオーダーも可能なので、
後から考えても大丈夫かと思います。

結局私は彼氏に強く写真を撮ることをおすすめされたので、当日早めに会場に行ってその場で写真をオーダーしました。
(当日オーダーの場合は式典開始の1時間半前には行ったほうがスムーズです。)
まあイギリス人の彼が言うのだから本当だろうと思ったんです。
写真は自分の家じゃなくて祖父母の家とか両親の家に飾るといいんだって。
Honourableって感じかな(笑)

 

当日

とにかく早めに行った方がいいです。
私の大学院は、式典会場が大学ではなくもっとロンドンの中心の、
ロンドンアイが見えるコンサートなどが行われるホールでした。

ホールに行ったら

1.チケットを受け取る

2.ガウンとハットを受け取る

3.着付け

4.写真撮影

5.必要であればクロークに荷物を預ける(式典の途中で一人ひとり名前を呼ばれ壇上に上がりますが、私の大学院の場合、手荷物は座席に置いたままでよかったです。)

f:id:KariinUK:20200130130616j:plain

ホール外のロビーにて。写真撮影のブース

f:id:KariinUK:20200130131454j:plain

着付け後。なんかしっくりきていない…

 

式典の20分前には着席します。

会場ではパイプオルガンの生演奏が行われていました。

時間になると教授陣らが厳かに入場してきて式が始まりました。

 

f:id:KariinUK:20200130130537j:plain

式典開始

式典中は3人のお話が前・中・後とあって(祝辞、答辞)、そのそれぞれのお話の間で卒業生が登壇していく流れです。
なんかアメリカもそうなのかもしれないですが、
海外のスピーチって笑いがあるものが多いですよね。
日本の卒業式とかの話を聞くのは嫌いなのですが、
今回はどの話も楽しく聞くことができました。

そして日本の大学の卒業式と違い全員登壇できるのもまた魅力的で、
卒業式に参加した甲斐があった!と思えました。
日本の大学の卒業式、疑いもなく参加したけど、あれこそ不要だったかもしれないと
今更思います・・・。

 

登壇する時には自分がなんと呼ばれるのか書かれた紙を持っていき、名前を呼んでくれる人に手渡します。
私はコースの中で一番目に呼ばれたのでコースの名前の書かれた紙と、
distinctionで卒業したので「素晴らしい修士論文」(?)と書かれた紙と、
自分の名前の紙を持っていました。

f:id:KariinUK:20200130131430j:plain

呼ばれる内容が書かれた紙

 

そして呼ばれたらステージを横切って学長と握手をします。

f:id:KariinUK:20200130131437j:plain

学長と握手!一番嬉しい瞬間でした

 

まあそれで終わりで後はひたすら他の卒業生たちが同じように握手していくのを待つだけですが、やはり自分の番の時は心臓バクバクしてました。

でもまたとないこのような素晴らしい機会、本当に参加できてよかったです。
ちなみに卒業式のパンフレットみたら卒業できてないクラスメイトも数人いたので
私は無事に卒業できて本当に感謝です。

 

式典後はホールの外に出るとロビーでレセプションがありました。
昼過ぎておなかペコペコだったので、わーいご飯だ、ワインだ!って
図々しく食べておりました。
あまり式典に来ている友達がいなかったので、ぼっち参加で、
レセプションもぼっちで人を眺めていると
別の一人で参加していた人に話しかけられて
そこからまた別の人ともおしゃべりしたり写真撮ったりして
少し社交できたので楽しかったです(さみしい・・・)。

f:id:KariinUK:20200130131446j:plain

レセプションではウエイターがトレーを持って歩き周り食事がサーブされる

まとめ

ぼっち参加をすごく懸念していましたが、
たしかにさみしくはありましたが、
式典前や式典中は特に気になることもなかったし、
結局式典後も友達できたので
行ってよかったと思っています。

なにより大学院留学に賛成してくれ、お金を出してくれ、理解してくれた両親、一緒に勉強してくれたクラスメイト、イギリスで仲良くしてくれた友達、エッセイや論文を褒めてくれて修正した方がいい部分は丁寧にアドバイスしてくれた教授たち、論文のためのインタビューに協力してくれた人たち、自分の修論もあるのに私の修論を読んで校正してくれた彼氏・・・本当に私の周囲の人すべての助けあってこその卒業だったと感謝がつきない限りです。

 

さあこれで来月からいよいよ社会人になります。
大学院で学んだことと関係のない仕事に就きますが、
これまでの経験(点)はすべて線でつながって私の人生を創っていくと信じているので
絶対にこのイギリスでの経験や学びは無駄にはなりませんし、無駄にしません。

 

・・・久しぶりにイギリスに戻って楽しかったです^^
ただいま~って感じで、私は、
やっぱりイギリスが好き!

 

 

就職活動が終わりました!!!

長編作となっておりますが
就職活動が終了しましたので
これから就職活動の方
現在されている方
すでに働いておられる方など
皆様に読んでいただければと思います!

 

 

 

              スケジュール

f:id:KariinUK:20191113210810p:plain

就活スケジュール


4月4,5日のロンドンキャリアフォーラムに向けて2月から面接を受けまくっていた。しかし内定は取れずに終わり、5月に2社だけキャリアフォーラムに出展していない会社を1社は一時帰国までして受けたが落ちた。そこで就職活動はいったんストップし卒業のための修士論文の執筆に取り組んだ。

9月に日本に本帰国し就職活動を0から再開した。初めの1週間で上京しエージェント回りをして求人情報を集めた。次の1週間で福岡で説明会や選考を受けた。次の週から本格的に上京し就職活動に取り組んだ。エージェントとの面談の日もあったが、基本的に一日2社ずつ訪問した。11月の2週目、就活の最終日は面談含めて4社訪問したという最高記録を更新した。

結果的には目標として定めていた「11月18日に就職活動終了」より1週間早い11月11日に終了することができた。東京に本格的に出てきて約1カ月半で就職活動を終わらせることができた。

なぜ11月18日の終わらせるという目標にしたかと言うと、内定承諾した第一希望の会社の最終選考があるのがその日の予定だったからである。この最終選考を受けたらすぐ実家に帰ろうという計画だったが、結局この会社の選考が3回のところが2回に変更になったため1週間早く終わることができた。

就職活動はロンドンで約3か月日本で2カ月したということである。すごく長かった。そして就職活動のコツがつかめたのも10月くらいだったし、時間がかかってしまい、もしロンドンに居た時からコツがわかっていればロンドンにいる間の選考も通過できたのかもしれないと思う。(大学院に進学する時は教員になるつもりでいたため日本で就活をしたことはなかった。)しかし私はあのロンドンキャリアフォーラムの中で本当に行きたいと思える会社、ピンときた会社はなかったように今振り返っても思うので結果オーライである(超ポジティブ精神の人です)。

 

              人材紹介会社(就活エージェント)

たくさんのエージェントと関わったので少し紹介する。

              帰国GO

国外にいながら就活ができる。ロンドンでもイベントをしていた。

              キミスカ

待っていればよい。

              OFFER BOX

時々いい求人があった。

              キャリタス就活(ディスコ)

あまり連絡をとってこない。

スカイプでの面談も対応してくれた。

              Meets company(DYM)

9月だったが福岡で合同の小さな説明会兼選考会が開催された。すぐ内定がでることはない。

              (地方のミカタ)

登録するといきなり電話がかかってきた。それ以降は音沙汰なかった。

              (ジョーカツ)

就活シェアハウスに入居したいと思って登録したが、指定のベンチャー企業の説明会にいくつか出ないといけないなど制約が多くスケジュール調整が難しいため使わなかった。

              キャリアパーク(ポート)

サポートは厚め。メール(DM)の数が多いがサイトの就活コラムは便利でよく読んでいた。

              Doda新卒(ベネッセ)

初回面談後もメールでちょこちょこ求人情報を送ってくれる。初回面談の際、履歴書は手書きのみと言われその場で書かせられたので注意が必要。

              Jobrass(アイデム

求人情報も頻繁に送ってくれる。

              キャリセン(シンクトワイス)

紹介できる求人がありませんって潔く関係が終わった。

              スマート面談(Leap)

結構手厚くみてもらった。しかし選考結果はサイレントされた。その後は音沙汰なし。

              ジョブスプリング(Roots)

少し連絡が遅い気がするが、私の担当者はよかった。(すごく褒めてくれるから自己肯定感が上がった。)

              社長メシ(ユナイテッドウィル)

超気軽に話せる雰囲気が好きだった。求人もけっこうかっこいいのを紹介してくれたイメージ。連絡もほどよくくれる。

              ジョブコミット(リアステージ)

めちゃくちゃお世話になった。プロフェッショナル感だったり社員全員が堂々としていてかっこいい。みんな自分に自信があるように振舞っていて安心して任せられた。連絡もすごく頻繁にくれるし、わからないことを聞くと「~って言っちゃいな!」みたいな感じでこっちまで自信もらえた。日本での就活を再開した際にまったく自分の頭の中が整理できていなかったが、リアステージさんは他のエージェントさんと違ってヒアリングして求人紹介で終わるのではなく、もう思い切って私の面接で伝えるべき将来のビジョンと軸を完璧に作ってくださった。頭の中のモヤモヤが一気に解決してそれ以降の面接もうまく行くようになった。ヒアリングの際も全然圧迫した質問の仕方もしないでくれるし、求人もたくさんではなく3社ずつくらいしか紹介しないから集中できる。面接対策もいわゆる模擬ではなく作戦会議みたいな感じで話してくれる。だから理解したり納得して物事を進めたい私には合っていた。かっこいいお兄さんお姉さんにお話ししにいくって感じだったから面談回数は多かったけれど全然苦にならなかった。(褒めすぎて回し者みたいになっているけど、違います!(笑)本当にお世話になったので感謝しているんです。でもこんなに助けてもらったのに紹介してもらった企業に入社しないことにしたのでリアステージさんの利益に貢献できず申し訳なくて、少しでも罪滅ぼしになればとこうやって自主的にレビューを書いております。)

たくさんエージェントを使った学びとしては、

あまりよくないエージェントの対応は

・連絡が遅い

・適当に求人をバンバン送りつけたり紹介してくる

・馴れ馴れしい態度や上から目線や圧迫して質問してくる

・ろくに対策をしてくれない

・面接のフィードバックをくれない

・面接の結果をサイレントする

だった。

しかし結論、たくさんのエージェントを利用するのはオススメしない

選考のための日程調整が複雑になったり、就活の終盤で複数内定が出て内定辞退する際に色々なところに連絡を取らねばならないしエージェントさんは売上にかかってくるので自社が紹介した企業に内定するように勧めてくるのを頑張って断ったりしなければならないしで大変になる。

もちろん利点もある。

複数利用するほうが自分に合っているエージェントを見つけることもできるし、自分の企業選びや就活の軸について何人からも客観的な意見をもらえ、クリティカルシンキングをすることができ後悔のない就活ができると私は思う。

 

              神社で祈祷

10月の最終週、「なんか私最近運気が下がっているなあ」と気づいた。

選考が落ちまくるし最終選考のため大阪まで行ったのに落ちたし、雨でずぶ濡れになったり、前の企業説明会が長引いて次の説明会には遅刻するし、パンプスが自動ドアのレールに挟まって抜けなくなったり、自動ドアに反応してもらえなかったり、道に迷ったり、踏んだり蹴ったり…。

運気を上げる方法についてググっていると私はここ1年イギリスにいたことを理由にして神社に行っていなかったと気が付き、これが原因だと思った。都内の神社を色々調べ、場所的にも行きやすくて受験とかが成就するという人形町の神社に行くことにした。本当に小さな神社だが、1回行った後それ以降の選考が1社を除き全部通過して、感謝の意味も込めて2回目をお参りするとまたすべての選考が通過し最終選考を受けられることになった。また、第一志望の企業から内定が出た後であったが、就活最終日も行って感謝を込めて挨拶してきた。本当にご利益のある神社でこれからも日本橋に行く機会があれば挨拶してこようと思っている。

特に信仰心が強くない人間だったがやはり神の存在って必要なのかもなと思えた就活であった。

 

              やるべきことと学び

自分の魅せ方

自分で言うのもなんだが私はけっこう落ち着いた雰囲気をしている。あとは基本的にあまりおしゃべりな方ではない。かと言って根暗なわけでもない。

この性格が就活で裏目に出ると堅いとかもう少し話したほうがいいとか志望度が低そうとかいったように捉えられ面接に落ちまくった。

いいように捉えてもらえるとしっかりしている、はきはきしている、年齢層が高いお客様の接客にも向いていると言われた。

事実、高校時代も運動神経が悪いわけではないがなぜか動きが悪いように見えるのか体育の先生からは嫌われていて成績は悪く、ダンスをしていると親友からも超素直に「やる気なさそうに見えるよね」って言われぐさっときた。大学4年時の教育実習の指導教官からも同じことを言われた。今は院2年。10年近く経っても全然変われていない。なんで中身はやる気があるのにそう見せることができないんだろうと相当悩んだ。

就活においてはとにかくフィードバックをもらったことを意識して

  • 笑顔
  • たくさん質問する
  • たくさん話す(話しているつもりでも少ないらしいから120%話す)
  • 大きな声
  • メモをたくさんとる

を実行することにした。

それでも落ちることもあったが、意識していなかった就活初期よりは選考も通りやすくなったとは思う。

あとはやはり私は全然面接の練習をしていなかったから、それも原因だったと思う。面接本番で熱意を表すには練習が一番であると思った。人は練習するからこそ本番はもっと頑張ることができる。練習もしていないで気軽に本番に臨むような人とたくさん練習して本番に臨む人では明らかに本番での熱量が違うだろう。

話す内容の魅せ方

面接に慣れ就活のコツが掴めてきた頃、多くはないが数回集団面接を経験して思ったことがあった。

飽きた・・・。

集団面接は他の人の話を聞いている時間も多いのだが、みんな話が同じなのである。

「成長したいです!」

って。

私で飽き飽きしているのだから面接官は尚更であろう。

別に成長意欲はいいのだろうが、オリジナル感を出して面接官の記憶に残るようにするためにはなぜそう思ったのか過去経験から根拠づけすると良いのだろうと思った。

今まで就活で話すことはなんとなく散らばっていたが、トータル5カ月就活をしたことによって、未来や過去について話す理由がわかったし秩序をもって話すことができるようになった。自分の未来のビジョンや自分の考え方を裏付けるものとして自分の過去経験を話す必要があるのだと私は思う。

だから、就活においては未来も過去も両方大事である。

過去の事実である学歴・スキルがいいに越したことはないが、それよりも大事なのは人柄・中身・印象でそれの根拠としてその人の過去があると思う。その過去を見ることでしか面接官は根拠を得ることができないため、特にポテンシャル採用である日本の新卒採用ではやはり過去に何をしたかは重要である。しかし過去がいくらよくても未来のビジョンが明確でないと面接官は求職者が仕事を通して求めていることがわからず不採用という決断をすることになる(「こいつは何がやりたいのかわからん」と思われる)。私は大学院を卒業したため学歴も高いほうで、留学もしている、アルバイトも部活もたくさん経験し、役職に就くことも多かったし資格もたくさんある。だから書類での通過率は高かったが、未来のビジョンが明確でないこと、そのため志望動機に熱がこもっていないことが主な原因でたくさんの選考で落ちてしまったため過去経験の話だけではやっていけないのが就活だとわかった。

もちろん過去に変な進路を選ぶと面接で突っ込まれやすくなるのでやはりネガティブで説明に困る過去はない方がいいと思った(例:留年、中隊、海外大学院、専攻と関係のない業種、留学する前の期間や修士論文書いていた人生における謎の空白時間など。浪人は聞かれないみたい。)

また物事が続かない人や部活もバイトもしていない人、ちょっと悪印象のバイトをしていた人は業種によるのかもしれないが落ちやすいのかもとも思った。

 

              選考結果

ロンドンにいる間(2-5月)で16社受けた。

日本に帰国してから(9-11月)は30社受けた。

ロンドンでは

書類落ち:6社

1次落ち:9社

2次落ち:1社

内定:0社

日本国内では

書類落ち:2社くらい?

一次落ち:16社

二次落ち:1社

最終選考落ち:1社

内定:2社

だいたい私の日本での就活状況からして15社中1社は内定くれる計算なので、それが最低15社(20社だっけ?)は受けろと言われる所以なのかと思ったが、実際は数ではなく質の問題のはずである。熱意をもって伝えられる会社を受ければ1社受けただけでも内定もらえるのではないかと思う。そう、大事なのは熱さ、つまり志望度だと思う。

  最終選考

ここまできて落ちることは少ないよなと思いたいが実際通過率は50%らしいから結構落ちることもあるようだ。私は5社の最終選考を受けた。

初めて最終までいった会社、しかも大阪までいったのに落とされた会社に関しては本当に悔しくて泣いた。最終選考まで進んでいくなかで、その会社に対して信頼を寄せていっているから最後に内定が出ないとすごく裏切られた気持ちになった。しかし100%内定を出せるわけではないから時には裏切られることもあるということは事実。気持ちの整理が難しい。私が最終選考で落ちた会社は、そんなに私の中で志望度が高かったわけではないが、その時は上京して3週間しか経っていない時でこれで決まれば気持ち的にも安心できるなあと思っていた。しかしここでは決まらず他の企業も大して選考が進まず11月頭には振り出しに戻っていたのが辛かった。しかしまたここから追い上げてその後は選考の通過率は上がり2週間以内に就活を終わらせた。

              内定

第一志望の会社から電話があって内定と言われた時は本当に嬉しかった。もちろん手ごたえはあった。話していて、「しっかりとした考えですね」と褒めていただいたりしたし自分もうまく話せたりたくさん質問もできた。

うまくいった時というのは、話す内容が頭の中で整理できて、深堀されても動じずに説明できた時である。だから堂々と振舞えることで志望度が高いように見せることができているのかなと思う。

また別の会社からも内定をもらった。はきはきした受け答えがよかったと言ってもらえ、私の堅さをそのようにとらえてくれる人もいて内定を出してくれる会社もあるから自信を失わないで生きていられると思った。でも私の性格・見た目・印象は万人受けするわけではないということも学んだ就活だった。日常生活ではなかなか知れないことがわかったからよかった。日常生活では普通に人間関係良好で過ごしているので、そういったことに気づけなかった。

              複数内定が出た場合

私は第一志望の会社から一番最初に内定が出たが、それが金曜日の夕方、別の企業の最終選考の20分前だった。そしてあと2社の最終選考を月曜日に控えていた状況だったため、「第一志望から内定が出たのでそこで就活終わり」というようにするわけにはいかなかった。だからどの企業も最終選考までは受けさせていただいて、その時点で最終選考までたどり着いていない企業に関しては選考辞退させていただいた。

第一志望からの内定が出た後、その週末、月曜日の次の選考に向けて自律しモチベーションを保つのはかなり難しくきつかった!

だから就活終盤での選考状況に関しては特に悩むことはなかったが、複数の会社の選考がうまくいって最終的に複数の内定を得た場合の次の問題が紹介会社さんとの関係についてだった。お世話になったエージェントさんには感謝しているがやはりこれは自分の人生、自分の気持ちが優先である。エージェントさんが紹介した会社に私が入社すればエージェントさんに報酬が入る仕組みだが、私は第一志望の会社に求人掲載型のエージェントを通して応募し、結果私はそこに入社するので、実際に私を育ててくれた(?)エージェントさんに報酬はいかない。私は貧乏学生(今はニート)なので私からエージェントさんにお金を払うわけにはいかないけれど、すごく感謝を伝えたいし、私のせいで担当エージェントさんの営業成績を悪くしてしまって心苦しい。だが繰り返しになるが私の人生だから私の気持ちが一番大事である。

複数内定が出た後は、断る勇気をもって就職活動のピリオドを打たねばならない時期だと感じた。これはこれでまた人間として社会人として一皮むけることができるのではないかと思っている。毅然とした態度で、でも誠意をもって、感謝を伝えて終えようと思う。

 

              内定承諾

旅行関係の会社に内定承諾することにした。

 

              内定辞退

私は一人しかいなくて一社でしか働けないのだから内定承諾した会社以外はすべて必ず内定辞退をしなくてはならない。また辞退する場合はその会社さんとの仲介業をしてくださったエージェントさんにも断りを入れねばならない。こういう時にあまりに多くのエージェントを利用していると困ったことになる。しかし複数内定をもらうと必ず辞退しなければならない状況は出てくるので、その場合は繰り返しだが、誠意をもって辞退を伝えることが大事である。転職エージェントと違い今回利用したような新卒エージェントは二度とお世話にはならないかもしれないが人対人だから気持ちよく終わらせたいところである。

 

 

長くなりましたが最後までお読みいただきありがとうございます。

(早くイギリスに戻りたいなあ・・・)(>_<)

 

    追記

なんと結局旅行会社ではなくIT系の会社の営業職につくことにしました!

自分でも驚きですが、再考した結果、やはり自分の夢であるイギリスで働くことを達成するためには旅行のプランニングをするよりも営業から初めてマーケティングなどビジネスを幅広く経験できる仕事をした方がよいのではないかと思ったのです。

先の人生どうなるかはわかりませんし、結局は自分次第だとも思いますが、
まずは自分が今一番よいと思える選択をすべきだと思っています。

 

 

イギリスどうだったって聞かれたとき

イギリスで1年間留学してたと言うと、たいてい「どうでした?」と聞かれます。
umm too general...

この質問に対してどう返してよいかいつも迷うのでまとめました。

 

 

洋服は日本のように流行りを気にしたり昨日と同じ服着ていることを気にしたりしなくてよかったので精神的にラクでした。もちろんファッショニスタもいましたが!

 

女性

でもそんななかでもやはり女性はセクシーな感じが多い傾向にあって、
日本のようにゆるっとしたのを着ている人はあまり見なかったですね。
だから私もイギリスではワイドパンツとか着るのはやめました
(結局、私は日本人なので周りを気にして合わせてしまいがち…)。

 

男性

男性は夏は断然半ズボン多いです!
彼氏の友達グループと遊んだ際は全員半ズボンでした!

 

多国籍

イギリスでは日本にいるよりも服に関して人の目を気にせずに過ごせますが、
そんなイギリスでもなんとなくこの服はこういう人が着るというのがあるように感じました。
ピタっとしたズボン着ていてすごい清潔感ある人はゲイなのかなあって思ったり、
宗教的なものですがムスリマの人たちはヒジャブやアバヤ着てたり。
そう考えると多民族国家だからこそ服装も色々なんだなと思います。

 

ファストファッション

あとは日本よりもファストファッションが人気なような気がしました。
というより、日本は有名ファストファッションブランド意外にもたくさん安くてかわいい服屋さんがあるなあと思います。だからわざわざみんなと被りそうな有名ファストファッションブランドで買わなくてもって感じでみんな服買うお店が多様なように思います。

 

たぶんこれがみなさん一番気になって聞いてこられることです!!

結論から言えば、「特別おいしくもなければまずくもない」ですね。

そんなにご飯がまずすぎて食べるものがなくて餓死しそうとか
ホームシックで死にそうとかにはならないですね。
私がそんなに和食大好きといういわけではないからかもしれませんが。

 

日本食

たしかに日本食レストランの日本食は再現率70%といったところでしょうか。
まずくはないし間違ってはないけれどなんとなく私が思う日本食とは違うな…
モヤモヤ…みたいな感じになります。

 

イギリス料理

イギリス料理は味が塩味か無味で、自分で色々ソースをつけて味を変えるということが必要です。
食事はしょっぱすぎ、デザートは甘すぎなことが多くてたくさんは食べたくならないです(おかげで5キロ痩せて帰国しました)。
オーストラリアやアメリカのようになんじゃこりゃ~というようなサイズで出てきたこともないです。至って普通サイズ。

 

多国籍料理

それよりも、イギリスのいいところは世界中の料理が食べられるところ!
もちろん我々が「この日本食ちょっと違うな…」と思うようにネイティブにとっては
ちょっと母国のものの完全再現にはなってないのでしょうが
よく本場をわかっていない者にとっては楽しいしおいしいです!

インド料理、レバノン料理、ギリシャ料理、中華料理…
書き出すときりがないですが、このような国際的レストランが日本よりもポピュラーです!街中にあります!
面白かったのが、中華料理で、やはり私が日本で食べている中華料理は日本人向けに変えられているのだなと思いました。
イギリスで食べた中華料理はもっとアロマティックでした!香りが全然違いました!
たぶんこのほうが本場に近いのかな?

しかも、このような国際料理のレストランは雰囲気が高級レストランのようなのに、
価格は抑え目でフレンドリーな店員さんも多くて食事が楽しめるので
お気に入りでした!

 

イギリスライフはシンプル、ミニマルです。
家のタイプも一軒家、同じ屋根の下に2世帯、4世帯(もちろん壁で仕切ってあるし玄関も別々だが)、ワンルーム、シェアハウスなど色々ありました。
そして全部基本的に中古が当たり前です。

だからリフォームとかDIYとかが好きなんでしょうね。
そういう類のテレビ番組たくさんあってました。
そして私も興味あるからダラダラ見てしまうという…。

だから家のインテリアのデザインも日本よりオシャレなものが多いなと思います。
そもそも歴史ある家だから家自体が趣があってインテリアもハイセンスなものが
似合うんですよね。羨ましい。
日本は無機質な感じの家多いですよね。まあ地震もあるので耐震が第一だと思いますが…。
もちろんイギリスにも無機質な感じの高層マンション?古い感じのアパート?も
あります。彼氏がそういうアパート群見るたびにuglyって言ってました。(めっちゃ口が悪い)

 

部屋

室内は基本的にカーペット。
靴で入ります。家のルールによっては玄関のところで靴を脱がないといけないけれど、
日本みたいに明らかな「玄関」のスペースがあるお家は少ないんじゃないかと思います。

最近のお家はバス・トイレ別のところもある気がします。便利!
バスルームというかシャワールームは、ガラスの試着室サイズの箱の中で
シャワー浴びるだけですけどミニマルで私は好きです。
日本のお風呂は広すぎ!改めて幸せだとも感じます!

イギリスはもちろん寒いですが室内はバスルームも含めセントラルヒーティングが
あるので快適に過ごせます。

 

水周りはイギリスめちゃくちゃ弱くて
シャワーの圧が弱いとかお湯出ないとかトイレの水が溜まるまでにすごく
時間がかかるとか、インフラは日本が最高です。

それにイギリスは硬水なので、便秘にはいいのですが
ポットとか蛇口とか汚れやすいです。
髪もバサバサで抜け毛がひどくなりました。

 

電気

電気は特に問題ないです。
室内の明かりに関してはイギリスは暗いのが好きなのかな?
日本は夜は電気煌々とつけていると思うのですが、イギリス人はみんな間接照明。
昼はノー電気。
初めに住んでた寮が暗すぎて中国人たちと「暗い暗い」ぼやいてましたが、
イギリス人的には普通だったのかもしれないです。
中国人含めアジア人は明るい方が普通みたいですね。

 

その他

お店

店がどこに行っても同じです。
ロンドンのセントラルだろうが郊外だろうが、ロンドン以外の都市だろうが
あるお店がほぼ一緒です。
個人経営のカフェ、パブなどはそれぞれの地域唯一のものだったりしますが
それ以外、スーパーとかドラッグストアとか服やさんとかレストランとか
どこにいっても同じで
お買い物を楽しいとは思えませんでした。
もちろんセントラルのほうが店舗の規模は大きかったりはするのですが…。
地方に住んでいるから物が入手しにくいとかいうのは日本よりも少なそうかも?

東京・大阪はお店が本当に色々あって上京するたびに
「田舎とは全然違う!キラキラ!」って
田舎育ちの私は思っています。

 

公共交通機関

電車・バスが遅れてくるなあとはあまり感じたことがないです。

そもそもあまり時刻表を見ないであと何分で来るのかを見てるので
遅れてくるという感覚はないです。
もしかしたら遅れてるのかもしれないですね。

ただいつも厄介だったのが
途中で終点が変わることと頻繁にあるストライキでした!

〇〇行きって書いてあるからそのバスに乗ったのに
途中でバスの終点が変わりましたとか突然言い出します。
みんなあ~仕方ないなって感じで降りていきますね。寛容!(笑)

電車はよくストライキがあっていて特に週末はいくつかの路線が運休していて
少し不便です。迂回路を考えればどうにかなるので大丈夫です。

 

時間

イギリス人は時間をきちっと守る人が多いと思います。
授業の時もイギリス人と私、日本人は時間に揃っていたけれど
アラブ人たちが全然集まらないってことがありました。

彼氏とのデートも、彼氏はいつも時間通りにくるけど
私が遅刻ということが多かったです(たぶんこれは個人の問題)。

 

まとめ

私はイギリスの日本と少し似たところがあることが好きです。

それでいて不便な分、日本よりも寛容で暮らしやすいのがさらに好きです。

そういうわけで今日も
やっぱりイギリスが好き!

マイケトルをゲット

現在シェアハウスに住んでおります!

どうしてもキッチンに行きたくない時がありまして。
あまりにもひどい姿をしているとか
ただただ動きたくないとか。

それでイギリスでの寮生活では1年間
マイケトル持つのは我慢したんですが
ここにきてついにマイケトル買いました!

f:id:KariinUK:20191020222010j:plain

シリコン製のマイケトル

これ、シリコンだから折り畳めるんです!

CAさんがレビューしていたのを見ていいなと思って
ずっと欲しかったのですが
機会がなく…。
ここにきてついにポチりました!!

ふつうのケトルなら買わないけれど
これなら引越しも楽々だし
海外旅行にも役立ちそう!
電圧も簡単に変えられます。

若干潔癖症なので汚いケトルとか誰が使ったかわからない食器とか
ゾワってなります。


紅茶とかコーヒーとか飲むのが大好きなので
これ買って部屋からあまり出ないで過ごせていけます(笑)
スープとかカップラーメンも食べれるし。

これ次回イギリス行く機会があれば持っていこうと
企んでいます!

早くいきたいなあ

やっぱりイギリスが好き!

 

はじめに

はじめましてKari(カリ)と申します。

 

数年前初めてイギリス1か月間語学学校に通った時
ここなら一生住めそうと感じ
ついに1年間の留学を実行しました。
やはり一生住めそうな感じは間違っていませんでした。

 

人も町も暮らしも全部好きです…♡

 

2019年9月に帰国し現在は日本にいます。

はてなブログを始めたきっかけはイギリス人との恋愛についてシェアしていければと思ったことだったのですが、
大学院生活のこともシェアしていくことにしました。

今は大学院生活だけについて書いていたブログを
こちらにお引越し中です。

国際恋愛されている方、
大学院留学を考えている方、している方、された方
に限らず多くの方に読んでいただければ幸いです。 

よろしくお願いします。

 

Kari

イギリス人彼氏との出会い~10か月目現在

留学あるあるですが
外国人彼氏できました。
まさか自分が、という感じです。

今回はおおまかに関係がどうやって進展したか
お話しできればと思います。

 

 

自己紹介・他己紹介

イギリス、ロンドンの大学院生

24歳

日本の地方出身(アメリカンな街)

2度目の国際恋愛です(以前はアラブ人と)

英語力はまあ、大学院で勉強するのに困らないレベルです

スピーキングが苦手です

2回目のイギリス留学です

趣味は音楽などのインドア派

 

イギリスのロンドンから2時間くらい離れた都市の大学院生

23歳

ロンドン出身(テニスが有名な所)

香港に5か月間留学経験があります

日本語は話せません

日本人の友達もいません

日本でやりたいことは「富士登山と桜がある庭園に行くこと」らしいです

趣味は色々なスポーツなどのアウトドア派

 

出会い

出会いは彼の地元のパブでした。

彼は帰省中で久しぶりに中高時代の友達と飲んでいて
私は彼の地元に住んでいる大学院の友達(中国人)の家にお泊まり会をしに行っていて
夜に一杯飲みにパブに行きました。

私が友達と二人で大きなテーブルで飲んだり自撮りして遊んでいると
彼が近くのテーブルからやってきて
「中国語しゃべれる?」と話しかけてきました。

その後彼の友人もやってきてみんなでおしゃべりして
閉店時間になったので帰ろうとしたら
彼に連絡先を聞かれちょっとためらいましたが
結局交換しました。

 

初日~1カ月

私も初めはすごく警戒していたので彼からの連絡に対して返信はするものの、
数日後に会えるか聞かれたときは課題が忙しいことを理由に断っていました。
(もちろんこれは嘘です!毎日暇でした!(笑))

意外にも彼はすぐに引き下がったので「あれ?そんなあっさり諦めるんだ」と思ったのを覚えています。 

その後連絡はほとんど取っていませんでしたが1カ月くらいしてから
「日本語のクラスを履修するんだけど日本語教えてくれる?」
と連絡がきて、
以前彼が言った「自分が英語教えるからKariは日本語教えて?」
ということを有言実行したのだなと思い
少しだけ彼のことを信用するようになりました。

 

1か月~2か月

その後もほとんど連絡は取っていませんでしたが
私は友達と観光も兼ねて彼がいる街に遊びに行きました。

ここで彼に会ったのはやっと2回目なのですが
彼と彼の友達、私と私の友達4人で一晩パブで飲んだだけでした。
特に観光地案内とかはしてもらっていません。
彼とはまたロンドンで会えるかなあと言ってお別れしました。

この時には確実に彼を信用はしていました。

 

3か月~

それからまた1カ月ほど連絡を取っていませんでした。

なんとなく私から彼に連絡したところ彼は今ロンドンに帰省中だったので
急遽会うことになりました!

初めてふたりだけで会うので少しドキドキでした。
勝手におうちデートと名付けてワクワクもしていました。(笑) 

当然私の部屋に呼ぶくらいなのでもちろん信用しています!
(端折って書いているので「この人大丈夫、怪しくない」と信用するまでの要素は他にもいくつかあります。) 

この日以降は毎日連絡を取り合っているので
連絡量で仲の良さを測ったり愛情の量を測ったりするのは違うかとは思いますが、
明らかに以前とは違う関係になったかなと思っています。

 

4か月~

イースター休暇が終わると彼の帰省も終わり、彼は大学に戻ってしまいます。
その前にもう一回会いました。

そしてちょうど彼のお誕生日だったのでお祝いしました。
この時はまだ「彼氏」というほどでもないし何をプレゼントしたらいいのか相当悩みました。

 

5か月~

この月は会えていません。国内遠距離恋愛でした。
ほぼ毎日連絡はとっていました。

ある日突然彼が妊娠を心配し始めて別れ話にまで発展しました。
妊娠したらどうするかを相当話し合いなんとか持ちこたえましたね。

 

6か月~

この月からスリランカインターンをすると言っていた彼でしたが
スリランカの情勢が悪くなり結局ロンドンでインターンをすることになりました。

だからこれ以降は私が帰国するまで近距離恋愛ができました!
週1,2回会っていました!

ただまたこの時も別れ話が浮上していました。
原因は私コミュニケーションの問題、遠距離になるから。

相当抗議したら結局「わかった」と彼が言ってこの別れ話も終わりになりました。
結局別れていません。

 

7か月~

月に1回別れ話をされるので今月はなにを議題にもってきて別れ話をされるのかな~
というくらいに心の余裕ができていました。
同時に今までになくラブラブでした(笑)
ここらへんからやっと
I love you, I'll always look after you, You are special と言ってくれたり
My little ~, babeと呼んでくれるようになりました。

これがイギリス人との恋愛か!ってなりましたね。

あとは初めて彼の友達グループとの遊びに誘ってもらえて
彼の友人宅に行って飲んだり食べたりゲームしたりしました!
やっと認めてもらえた感があったし、友達にも公にしてくれたので
嬉しかったです。

結局この月は別れ話をされることなく終わりました。よかった。

 

8か月~

相変わらず週1,2回ペースで会ったり友達と遊んだりしていました。

ある日私が2週間後に帰国する話をしたら彼は泣いちゃいました。
この日以来ずっと変わらず会っていましたがよく二人で泣いていました。

そして彼が「遠距離はできない」というので
今まで通り説得したのですが
「説得したいのはわかるけど本当に今回はできないよ」と言われ
他にも色々理由を聞いて私も諦めました。

でも帰国する最後の日までできるだけたくさん一緒に過ごしました。
本当に私、毎日泣いていました。

 

9か月~10か月目

私は日本に帰国しました。
時々寂しくなったときは彼も私も連絡をとりました。

ただ、なんと3週間後には結局復縁しました!
初めは、ん?これって復縁した??って感じだったのですが、
毎日連絡がくるようになったことI love youを言われるようになったことなど
7か月目と同じような感じになったので復縁したのかなあと思います。
以前は日本語わからないから日本には住めないと言っていたのに、
「ちょっとの間日本に住みたいかも」とまで言っています。

なにが彼を変えたのかはわかりません。
私は彼の友達2人と今後について話した際に
「2,3年は日本で働いて経験を積んでイギリスに戻ってきて働きたい」
と話しました。それが彼に伝わったのかなあなんて予想もしますがわかりませんね。

でも意外と彼が友人に私のこと話していたようでびっくりしました。
例えば私がもうすぐ帰国することも彼の友達は知っていたし、彼の昔のハウスメイトにも私のこと話していたみたい!

ただ本当に遠距離は辛いし、彼を置いてきてしまったという申し訳なさがあります。
でもお金もそんなにないですし簡単に会いにいけないです。
できれば再来月にはイギリス行きたいのですが。

うーんなかなか色々大変です。そしてまたいつ別れ話をされるかもわかりません。
でも今は前みたいに泣くことはないかなって思えます。

そしてなにがあっても彼氏関係なしに
やっぱりイギリスが好き!

イギリスでの性病検査

なんか突然すみません。

ここ2週間性病検査でバタバタしていました。

STD testって言うんですね。

私は泌尿器科で働いていたので

性病検査について結構他の人より詳しいと思っていたのですが

改めて自分のこととして考えると知らないことや不安がたくさんありました。

もっと多くの人がこのことを真剣に考えられたらと思っています。

 

 

初めて受けた性病検査

上記のように性病検査について知識はあったはずなのに

今まで受けたことがありませんでした。

 

それで彼氏に受けるように言われて初めて自分がそのことを自分のこととして

真剣に考えていなかった、どこか他人事にしていたと大反省しました。

やっぱり大事な人を傷つけないためにも必要ですよね・・・

 

まだ日本では浸透していないのではないかとも思います。

症状が出てから初めて受診する人が多いです。

症状が出ていなくて真に検査として検査を受ける人は
めったに見たことがありませんでした。

 

当然ですが泌尿器科のドクターもカップルふたりで
検査を受けることを勧められていました。

 

イギリスでの検査の受け方

オンラインから検査キットをオーダーするか
病院に行くか
です。

オンラインサイト

オンラインでSTD検査をしてくれるサイトから検査キットを注文しました。

 

問診票に答えていくと適当なキットが選ばれ自宅に届きます。

自分でサンプルを採取してポストに投函するだけです。

1週間以内には結果が出ます。

結果はオンラインで確認できます。

 

GP(病院)

喉の検査もしたかったのにオンラインでオーダーしたキットに
喉の検査は含まれていなかったので
結局GP(お医者さん)にも行くことにしました。

 

ドクターに相談すると
クラミジアだけが症状出ない病気だから
クラミジアの検査だけすれば大丈夫」と言われ
オンラインで頼んだのと同じキットをもらい
「あれ?なんのために病院にいったのやら」
と首をかしげながら帰りました。

 

病院でもらったキットも同様に自分でサンプルを採取して
ポストに投函すると数日中に結果が出ます。
こちらの結果もオンラインで確認できます。

 

検査内容

男性は尿検査、
女性は膣に巨大綿棒みたいなやつをいれてサンプルを採ります。

 

HIVとかも検査するなら血液も採取します。
これが自分でするのは結構つらかったです。

針を指に刺して血をぽたぽたと集めるのですが、
全然集まらなくて結局両手8本くらい指に針刺しました(涙)
痛くはなかったんですけどね、見ててグロい…。

 

日本との違い

費用

日本:症状があれば保険適用、なければ保険外

イギリス:症状の有無に関わらず無料
(たしか年齢制限はあったかも?16~25歳は無料とかたしかそんな感じ)

 

やはり若者にとって無料は強みです…。ありがたい。
そして誰でも気軽に検査できますね。これが浸透している理由のひとつでしょうかね。

 

検査方法

日本:病院にいくとドクターやナースがサンプル採取する

イギリス:病院にいっても結局自分で自宅でサンプルを採取する

 

血液検査だけは自分でするのは難しかったので
ナースがいればなあと思いました。

他の検査は自分ですれば恥ずかしくないから自宅でできるのはいいですね。

 

検査結果

結果はすべての項目、陰性でほっとしました。
この機会にすべて検査できてよかったです。

結果が出るまでの不安はものすごいですが
よい結果が出た時の嬉しさは授業で単位取れた時以上のものです、ほんとに。

 

まとめ

本当に性病検査すすめます!
たぶん私の周りで性病検査を受けている人はいない、あるいは少ないと思います。

 

一回やった人は本当に勧めていて
ネットでも勧めている人はすごく勧めているのを見ますが
無頓着な人は未だ無頓着あるいは無知ですよね、きっと。

 

泌尿器科で働いていた者として
そういうことが恥ずかしいことだとは思いませんし
まずは自分の周りから積極的に進めていこうかなと思っています。

 

イギリス人彼氏に感謝

正直言ってここまで考えなかったであろう性病検査。
彼に出会うことでここまで真剣に考えさせられ、
ポジティブな意味で価値観の違いに触れられた、
私も変われたので感謝しています。

 

といういい話のようにしておいて…

彼は毎日のように
「検査キットオーダーした?」「届いた?」「検査した?」
と聞いてきたので
実は私は「おいおい、なんでそんなに必死なのか、しつこいなあ」
と思っていました(笑)

生理中だったからまだできないよというのを何回言ったことか…。

でもこういう話をする男性と付き合ったことはなかったので
新鮮というか、まあ大事なことですし、
本当に出会えてよかったなあと思っています。

 

後日談

性病とは関係がないのですが
検査直後から膀胱炎にもなってしまいました!! 

清潔さ、免疫力も大事ですね…。 

なんやかんや泌尿器科系の疾患に悩まされた2週間でした。
得意分野?だけど患者として得意なわけではないので
こんなにつらいものかと身をもってわかりました。

でも病気になっても
やっぱりイギリスが好き!

初売り⁉ 12/26 Boxing Dayにお買い物してきました!

ボキシングデーってご存じですか?

クリスマスの次の日はボキシングデー!
クリスマスプレゼントのボックスを開ける日だから!
と思っておりましたが諸説あるみたいですね。

 

クリスマスデーの次の日が “Boxing Day” になることは分かりましたが、なぜこんな名前なのでしょうか?
スポーツのボクシングと関係ないなら、なぜ「ボクシング」なんでしょう?

実は “Boxing Day” の由来はハッキリしておらず諸説ありますが、ここではそのうちの2つを紹介します。

中世の時代、屋敷の使用人たちはクリスマスデーも働かねばならず、暇をもらえるのがクリスマスデー後の平日でした。そして使用人たちは屋敷の主人から “Christmas Box” と呼ばれるお金や贈り物が入った箱をもらって、家族が待つ家に帰ったということから “Boxing Day” と呼ばれるようになった(Wikipedia調べ)。

他には、貧しい人たちのためにお金やクリスマスプレゼントの寄付を募った「箱」が教会に置かれていて、それを開けるのがクリスマスデーの翌日の26日だったことから、そう呼ばれているという説もあります。

[Yoko Osada (2017)「ボキシングデー」って、いったい何?日刊英語ライフ Available at: https://kiwi-english.net/4737]

 

 結局なにするかって日本の初売り的なものです!

私は初売りには行きませんが、ボキシングデーは最初で最後かもしれないと思い
出不精なところを頑張っていきました。

 

日英のクリスマスとお正月

イギリスにきて気づきましたが
イギリスのクリスマスは日本のお正月と感覚が全く同じですね!

  • 家族で過ごす
  • プレゼント(お年玉)をもらう/渡す
  • 前日からわくわく
  • 伝統的な食事をとる
  • 次の日はセール
  • 仕事は休み

 

逆にイギリスのお正月は日本のクリスマスと同じ感覚です。

  • 友達・恋人と過ごす
  • パーティー
  • 仕事は休みではない

 

なんでNew Year's Dayがそんなに日本人にとって大事なのかイギリス人彼氏に聞かれました。なんでってね…。
日本人の友達に聞いてみると「だって年が変わるんだよ!!!」と熱く言われました。超シンプル回答。

 

効率的に買い物する方法

人が多すぎてショッピングモール内を普通に歩ける状態ではなかったです。

しかもショッピングモールが大きすぎて行き来するのが超大変なんです!

楽しいお買い物って感じじゃないですね。
しかも私はまたソロ活してきたので早く買って早く帰ろう!みたいな感じで買い物してました。

だからこそ

  • 買い物リスト
  • 行く店リスト

の作成が大事です!

リスト以外の物は買わない、リスト以外の店は行かないとしたら効率的で
どんどん目標をクリアしていく感じで達成感を得れるお買い物でした。

 

帰りの渋滞に注意

そんな感じで買い物はすぐ終わったのに、バスが死ぬほど来なさすぎて帰宅するまでいつも30分以内のところを2時間かかりました!!!

だから暇つぶしできるものを持っていくことをおすすめします!!!
ミュージックプレイヤー、イヤホン、スマホ、本、お菓子(笑)etc. etc....

しかもやっとバス乗れたと思ったら、途中で終点が変更になって降ろされました。(泣)
たぶん運転手が17時で業務終了だったんだと思います。

よくあるんですよね、バスの終点変更。
本当にこういうところがイギリスだよな〜と思いながらまた長い間バスを待ちました…。

みんなバスがくるとうわっと押し寄せて、時には押し合って乗るので心の余裕があるほうがスマートかな!!
お先にどうぞと譲れるくらいの。
もちろん時には強さは必要とも思いますが。
私は我先に~みたいなのはちょっと好きじゃないです。
今日は何人かそういう人がいて自分はそうはなりたくないなあと。

 

買ったもの

こんなに大混雑でお店の人もさぞ不機嫌になるのではないかと思ったら意外といつも以上にいいサービスでしたね。昨日休みだったからかな???

買ったものはこの日まで待っていた日用品です。
Boots(マツキヨ?みたいなドラッグストア)でたくさん買いました!(笑)

f:id:KariinUK:20191020164309j:plain

Bootsで買った物々

それから日本食も。
年越しそばとお雑煮を作る予定です。
(絶対レジの日本人のお姉さんに年越し何するかバレたなあ~)

f:id:KariinUK:20191020164404j:plain

Ichibaで買った餅とそば

写真にはないですが、かまぼこも買いました。
そばは安かったけど、お餅とかまぼこが高すぎて
泣きながら買いました。(笑)
これが私の豪華クリスマスディナーの代わりだ…(泣)

 

他のセールとの違い

他の日とのセールと比べると
ボキシングデーが一番盛り上がっている気がしました!
でも割引率で言ったら、8月くらいにあるセールとあまり変わらないんじゃないかと思いました。
ブラックフライデーは前日に出掛けてみましたがそんなに盛り上がるものではなかったイメージ。
当日はどうなんでしょうね。もう少し盛り上がってたのかな。

(よくよく考えたらめっちゃセール行ってますね、私…。買い物好きではないのに。いつもなるべく生活用品を安く手に入れようと思ってセールを虎視眈々と狙ってるだけかな…(笑))

 

まとめ

買い物リストと音楽プレーヤーと余裕のある心のおかげで
大満足な日になりました!

ぜひみなさんもイギリスの初売りを体験してみては!

日本にいなくても初売り気分に浸れるから
やっぱりイギリスが好き!

 

クリスマスイブ前日のおでかけ(ソロ活)

 

明日はクリスマスイブ!

イギリス人は日本のお正月同様、クリスマスを家族で過ごします。

大学院も冬休みなので友人はみんな帰国しました。

 

そんなこんなでロンドンソロ活してました。

どんどん精神鍛えられていきます。

ひとりででもクリスマス気分を味わいたいってことで
街を歩いてきました。

 

 

コヴェントガーデンからスタート

バイトもしていない貧乏学生なので特に買い物することはないです。
コヴェントガーデンは写真を撮って秒速通過しました。
誇張じゃなくて本当に。1人のときはものすごく早足で歩くようにしています…(;^ω^)

f:id:KariinUK:20191020150033j:plain

コヴェントガーデン

ナショナルギャラリーへ

ナショナルギャラリーは住みたい♡と思える空間です。
正直言って絵画には明るくないですが、家にたくさん飾るのは好きです。
家に絵画と花は絶対必要だと思っている人間です。

f:id:KariinUK:20191020150157j:plain

ナショナルギャラリー

やはりターナー、モネ、ゴッホの絵がある部屋が一番込み合っていました。
そのほかは宗教画が多くてちょっとクリスマス感を味わえたかなと…(?)
でもやはりここは観光地なので来館者のほとんどは外国人でした。クリスマスイヴの前日に美術館にくる地元民なんていないですよね。

f:id:KariinUK:20191020150240j:plain

ターナー

f:id:KariinUK:20191020150309j:plain

モネ

f:id:KariinUK:20191020150403j:plain

ゴッホのひまわり

正面から撮れてなくて残念です…。

本当に人だかりがすごくいんですよね。

 

f:id:KariinUK:20191020150509j:plain

トラファルガー広場



そして一番(?!)良かったのはナショナルギャラリー出口から出てすぐの景色!
高見からのトラファルガー広場
これは来館した人しか見れない!

いつも下から見てたので今日はちょっと見下ろして優越感に浸っていました。(笑)
ここに行きたくても警備の人に止められるので本当に一旦来館する必要があります。

みなさんここでいつもあっているストリートショー観てます。

リージェントストリートへ

今日のリージェントストリートとオクスフォードストリートはいつもより空いてました。(なんで?)
観光客とたくさんプレゼントを買って早足で買える地元民。
例えばJO MALONEのショッピングバッグ大量にもったおじさんとか。うらやましい…。私もほしい…。

ナイツブリッジ

それからKnightsbridgeに移動!
念願のHarrodsのイルミを見ました!
私が8歳の時に父がHarrodsベアのぬいぐるみをくれまして、
時々父がHarrodsの話をするんですね。
いつもどんなところかと夢見ていたんです。
約15年経ってついに自分の目で見ることができたときの感動たるや。
大袈裟すぎるようですが本当に個人的にはオックスフォードストリートのイルミネーションよりも感動しました…(´;ω;`)

f:id:KariinUK:20191020150811j:plain

ハロッズ

そして久しぶりに物欲が出てきて、爆買い日本人をしてきました。
といっても、私はいつでもハロッズに「行ける」(「買い物できる」ではない)暇人大学生なのに
わざわざ大混雑のクリスマス前に行くなんて苦労をしたからセール品しか買わない~と決めちゃいました。
そもそも貧乏学生です(上述)。

Kiehl'sで一部のコスメ半額セールをしていたので、全部その中から買いました。
乳液を探していたのでちょうどよく安く手に入りました(ボディクリームだけどそれなりの値段なら顔に使えると思っている)。
その他リップバームやハンドクリームはお土産にする予定です。
よくイギリスで基礎化粧品、何使ったらいいの?という話を聞きますので
これの使用感ものちほどシェアできればと思います。

f:id:KariinUK:20191020150944j:plain

キール

それからハロッズショップに行ってザ・ハッロズ土産を買ってきました。
これも割引商品しか買わないぞ~と誓って買い物しました。
正規の値段の商品はまた後日買えるし。

値引き札が目立ってる!


でもレジ直前でクッキーは割引商品じゃないと気付き…(´・ω・`)時すでに遅し。
Black Teaと思って買った紅茶は 'Spiced' Black Teaだったし。
日本人、スパイス系苦手な人多そう…。自己消費するしかないな。

f:id:KariinUK:20191020151039j:plain

ハロッズ土産

ハロッズをうろちょろした感想としては
お客さんのほとんどは中国人かアラブ人でした。
いたるところでアラビア語聞こえてきました。

やはりそういった国々から富裕層の方がきているんですね~
日本人は私みたいな富裕層でなくてもイギリスに来ていますけど
中国人やアラブ人でイギリスに来るような人たちは本当に本当に裕福!!

もしかしてハロッズは裕福な中国人やアラブ人からの収益がほとんどなのかなあなんて想像してしまいました。

地下には薬局や眼鏡屋さん(絶対に観光客は利用しないお店)があって
これぞデパートの本来の姿!と思いました。
ハロッズ上階はほぼ観光地化してますよね、あれ。

でもなんとアトラクティブなデパートなんだろうと思いました。
すべてのディスプレイもお店のちょっと薄暗い雰囲気も…
素敵だった♡
またゆっくり「ウインドウショッピング」したいなあと思います。(買いません。)

 

f:id:KariinUK:20191020151239j:plain

ハロッズベア大好きです…♡私のはおうちに置いてきたからなあ…I miss you

帰宅

あさってクリスマスディナーをひとりで楽しむためにテスコに寄ってステーキ肉やプディングを買って帰りました。
イギリスは牛肉安くておいしいです!
私は特別なときにしか食べませんが。

 

それではみなさん素敵なクリスマスをお過ごしください~!
Merry Christmas to you all and have a nice holiday! from Kari.

 

素敵なクリスマスソロ活ができるから
やっぱりイギリスが好き!

スーパーのオンラインショッピングを使ってみた

クリスマス、年末年始前ということでがっつり食糧を買いたい気分になりました。
普段は近くのスーパーでちょこちょこ買って細々と生活しております。(おかげで瘦せました。)

日本人の友人がWaitroseが期間限定でオンラインショッピングの割引をやっていると教えてくれたこともあり初挑戦することに!

 

 

Waitroseのオンラインショッピング

オンラインショッピング、始めての利用から3回まで、£80以上買うと£20割引というセールです。
食料だけでなく日用品も買えます。
私にとって£60は一か月分の食費なので、これで一か月買い物に行かなくていい、しかも家まで運んでくれるとはなんと魅力的ということで当然やってみます。

普通のネットショッピングと同様、商品を選び、配達日、日時を指定したらきちんと届けてくれます。
ただ£80分、食品等細々したものをオンラインで選んでカゴに入れていくというのはなかなか面倒でした。
だから私は、まずメモなどでアナログな方法でショッピングリストを作成して、それからサイトで検索にかけるというやり方をオススメします!
早いし無駄な買い物も防げます!

届いたけど…

実際届くとあれ?意外と大きいな、意外と小さいなという事案が発生します。
きちんと容量はチェックしたつもりなのに。
例えばこれらですね…(笑)

f:id:KariinUK:20191020141203j:plain

唐辛子?いや全然辛くなかったです(涙)

私、唐辛子が欲しかったんですよ!これスイートチリペッパーって言ってすごく大きい!しかも甘い!パプリカみたいな感じ。
うーんパプリカはパプリカで買ったからこれいらない…。

ちょっとおしゃれなハンドソープはわりと安かった(£1.25くらいだったかと)のに500mlで大きくてラッキーって感じでした。

f:id:KariinUK:20191020141312j:plain

おしゃれなハンドソープ

スーパーでのオンラインショップのメリット・デメリット

メリット
・割引がある
・買い物に出向かなくていい
・重いものもたくさん買える
・ゆっくり商品を閲覧できる
・探し物がすぐにみつかる(スーパーをウロチョロしなくてよい)

デメリット
・サイズ感が掴めない
・生鮮食品はたくさん買えない(一人暮らしなら)
・賞味期限が自分で選べない

まとめ

留学の初めてのころはスーパーを見て回るのも楽しかったですが、慣れてくると食品買うのも面倒だし時間も惜しいので、
メリットのほうが多いなと思った方にはぜひおすすめします!
大量に食品が届いたときの嬉しさもぜひ味わってほしいなあなんて思います(笑)

予想外のことが起こるから
やっぱりイギリスが好き!